DIYと聞くとちょっとした棚や椅子などを作るという事を思い浮かべる人が多いかも知れませんが、最近では本格的なエクステリアのDIYを行う人も多いです。初めてのDIYでいきなりエクステリアのリフォームにチャレンジする人も多く、実益を兼ねた趣味として老若男女問わず人気となっています。エクステリアのリフォームを考えている人はもちろん、何か趣味が欲しいと思っている人もこれを機にDIYを始めてみてはどうでしょうか?

DIYによるエクステリアのリフォームで人気となっている物ですが、小物以外ですとウッドデッキが挙げられます。本格的な大きなウッドデッキはもちろんの事、リビングに繋がる窓からちょっとだけ外に出られるようなウッドデッキまで様々なタイプのウッドデッキがDIYで作られています。業者に頼んだ方が圧倒的に早く作ってもらえますが、楽しみながら自分好みのウッドデッキが作れるという事で非常に人気があります。

そのウッドデッキですが、寸法を測って角材を自分で切って作る方法と、キットのようになっている角材を組み合わせるだけのタイプがあります。どちらを選ぶのも自由ですが、初心者や初めてのDIYだという人は後者の方が圧倒的におすすめです。ホームセンターやインターネットの通販などで購入出来ますので、まずは気軽にDIYを始めたいと思ったらキットタイプの物を購入して下さい。そうしなければいけないという事ではありませんが、そうする事で大きな失敗や挫折を防ぐ事が出来ます。

ウッドデッキは天然の木と人工の木で材質を選べるようになっている事が多いですが、自分で切ってサイズを調整するというのでしたら天然の木の方を選んで下さい。人工の木は硬すぎて素人には切る事さえ出来ない物もあります。ただし、ホームセンターなどでカットしてもらえる場合は別です。その場合は耐久性の高い人口の木の方を選ぶ事をおすすめします。人工の木はメンテナンスの必要がほとんどありませんので維持が容易です。