玄関アプローチの飾り方には、以下のような物があります。
「レンガの小道を作る」。
レンガの小道を作る際は、最初にもとからあった砂利などを取り除き、草取りもして地面をならす所から始める必要があります。
この作業を疎かにすると、どんな素材であってもキレイには設置できません。
そして、本格的にやるならモルタルなどでレンガを敷き詰めるための素材を固めつつ設置していきますが、

簡単にやるならそういった物なしでも作れます。
「敷石の小道を作る」。
敷石も、レンガと並んで小道作りによく使われる素材です。
並べるのが容易な四角形をはじめとして、変化に富んだ不規則な形など様々な物があります。
敷石は「和風」という印象が強いですが、洋風の物も少なくありません。
古い街並みや寺院などで使われているので、そういった所を散策してアイデアを得るのもよいでしょう。
「タイルの小道を作る」。
上記二つの素材と同じく、タイルも小道作りによく使われる素材ですが、これはモルタルなどで固める必要があります。

また、タイルは種類によっては雨などで滑りやすくなることがあるので、小道作りに合った素材かどうか前もって確認することが重要です。
「枕木の小道を作る」。
枕木を使うと、アプローチが自然で優しいイメージになります。
雨などによって徐々に朽ちてくることがありますが、それによって逆にビンテージ感を醸し出すこともできます。

また、張り替えの手間が面倒だと思うなら、枕木を模したコンクリート製の物もあるので、そちらを使うとよいでしょう。
「芝を張る」。
隙間に芝を張ってみるのも、瑞々しさを感じられるアイデアです。
芝刈りなど手入れの手間は発生しますが、さほど広くないスペースならあまり手間もかかりません。
「花で飾り付ける」。
これは、ポピュラーですが良いアイデアです。
いろいろな鉢を並べてみたり、植栽するのもよいでしょう。
また、小さな花壇を作ってみるのもおすすめです。
手作りだと、さらに愛着も湧くでしょう。